私の美容法は美容に良い水泳ダイエット

微笑む女性

TOPICS

  • 年齢を経たメイクの楽しみはチーク

    MORE

  • 赤リップに似合うメイク方法

    MORE

  • 予約のとりやすさがポイント

    MORE

年齢を経たメイクの楽しみはチーク

化粧をする女性

お世辞にも若いと言えない年齢の私が凝っていること、それはメイク時のチークです。
若いときには、完全に無視していました。

若い世代はチーク不足でもまあよいのです。
強いて言えば丸顔の人はシェーディング的に、影を入れるとシャープには見えます。

しかし歳を取ると放置してはおけないのです。
歳を取ると地肌が劣化してきます。そしてファンデが厚くなりそうですが、それをするとより老けて見えるので、ここは小技を駆使します。

くま消しなど小技はいろいろあるのですが、見た目に判りやすいのがチークです。
コツは頬の高い位置に丸く入れるんです。
元々丸顔で抵抗のある人でも丸がお勧め、なぜなら歳を取るとそれだけでギスギスして見える上に、とんがった感じが好感度を下げます。

若くてとんがっていると、スタイリッシュな感じもしますが、歳をとってその路線はかなり難しい、それよりは、親しみやすさを出す方が自然です。
簡単に楽しく出来るのがチークです。

オレンジ、ピンクなど系統は問いませんが、明るめカラーがいいですね。
ふんわりとした明るさを出すためなので、絶対にエッジを効かせて入れないことです。

頬は面積が広いので、ここが明るくなるとメイク効果が抜群、リップの色も映えます。
行き過ぎない程度にチーク効果を、いろいろな色身や粉タイプ、クリームタイプなどで楽しみましょう。

TOP